神奈川県JAバンク

店舗・ATMを探す

JAバンクについて

TOPへ戻る

JAバンク神奈川における地域密着型金融の取組状況(平成21年度)

平成21年度の地域密着型金融の取組状況について取りまとめましたので、ご報告いたします。

農山漁村等地域の活性化のための融資を始めとする支援(JAバンク神奈川の農業メインバンク機能強化への取組み)

JAバンク神奈川は、地域における農業者との結び付きを強化し、地域を活性化するため、次の取組みを行っています。

(1)農業融資商品の適切な提供・開発

(単位:千円)

注)一部JAではJA農機ハウスローンの取扱いをいたしておりません。
取扱の有無につきましてはお近くのJA窓口へご確認ください。

平成22年3月末時点のJAバンク神奈川の農業関係資金残高は、139億79百万円となっています。

【資金種類別農業資金残高】 単位:百万円

【農業資金の受託貸付金残高】単位:百万円

【営農類型別農業資金残高】単位:百万円

農山漁村等地域の情報集積を活用した持続可能な農山漁村等地域育成への貢献

JAバンク神奈川では、地域社会へ貢献するため、次の取組みを行っています。

(1)被災者・生産資材高騰等への支援資金

JAグループ神奈川(中央会、信連、全農神奈川、全共連神奈川県本部の総称)は、災害対策窓口を設置したほか、県下JAにおいては生産資材の高騰や価格変動、低温凍霜等により経営に被害を受けた生産者を支援するため、災害対策資金の創設や個別融資先の経営状況に応じた償還条件の緩和等に対応しました。

(単位:件、百万円)

拡大

(2)地域住民の農業に対する理解促進

JAバンク神奈川では、地域の小学生の農業に対する理解を促進するため、「JAバンク食農教育応援事業」を展開し、農業にかかる教材「農業とわたしたちのくらし」の配布や農業体験学習の受入れ等に取り組んでいます。
教材「農業とわたしたちのくらし」については、JAバンクを通じて県内の全小学校889校の5年生約89,000人へ配布され、学校の授業等において活用されています。

また、県内JAでは、下表のような食農教育などの実践活動に取り組んでいます。

拡大

Copyright C JA KANAGAWA SHINREN ALL RIGHTS RESERVED.