HOME > お知らせ > JAネットバンクを安心してご利用いただくために

JAネットバンクを安心してご利用いただくために

JAネットバンクを安心してご利用いただくためのお願いです。

JAネットバンクを安心してご利用いただくために、以下の点にお気を付けください。

ID・パスワードの管理にご注意ください

  • ID・パスワードは、通帳や印鑑、暗証番号等に相当する重要なものですので、厳重な管理をお願いします。
  • 他人から推測されやすいID・パスワード(例えば、生年月日、自宅や勤務先の住所・地番・電話番号、車のナンバー等)のご利用は避けてください。推測されやすいID・パスワードは、すみやかに変更されることをお勧めします。
  • ID・パスワードは、JAネットバンクのみでご利用されることをお勧めします。
  • ID・パスワードを入力する際、他人に盗み見られることのないよう、お気を付けください。
  • ID・パスワードが他人に知られないよう、手帳やメモ等に残すことは避けてください。また、テキストファイル等に入力してパソコン内に保存することも避けてください。
  • JA職員、警察官などが店舗外や電話などでID・パスワードをお尋ねすることはありません。不審な場合には、ただちにお取引JAへご照会ください。
  • ID・パスワードは定期的に変更してください。
  • ID・パスワードは、JAネットバンクからいつでも変更できます。

↑ページの先頭に戻る

スパイウェア等にご注意ください

  • お客様の知らない間に、「スパイウェア」(パソコン等に入力した個人情報等を自動的に収集し、その情報を他人に送るソフト)がパソコンにインストールされ、ID・パスワード等を不正に取得して、他人口座へ振込(引出し)される事件が一部の金融機関で発生しています。このような被害に遭わないために、「スパイウェア」に感染しないよう十分ご注意ください。
  • 「スパイウェア」は、電子メールを開いたり、悪意をもったウェブサイトを閲覧したりすることでインストールされてしまうケースが多くなっています。また、別のソフトをインストールした時、知らないうちに一緒にインストールされるケースもあります。
  • 「スパイウェア」への感染を防ぐため、心当たりのない発信元の電子メールを不用意に開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なウェブサイトにアクセスしたりしないよう、ご注意ください。
  • Winny(ウィニー)などのファイル共有ソフト等を介して、いわゆる「暴露ウイルス」(パソコン内部の情報を、勝手に不特定多数の人間に公開するコンピュータウイルス)に感染したパソコンから情報流出する事件が発生しています。
  • もし、JAネットバンクをご利用するパソコンにファイル共有ソフトがインストールされている場合は、当ソフトを削除し、パスワードを変更することをお勧めします。
  • ID・パスワードをテキストファイル等に入力してパソコン内に保存することは避けてください。
  • 最新のセキュリティ対策ソフトを利用し、オペレーティング・システム(OS)やインターネット閲覧ソフト等とあわせ、常に最新版にアップデートすることをお勧めします。

↑ページの先頭に戻る

金融機関等を名乗って送られてきたCD-ROM等にご注意ください

  • 金融機関名で送られてきたCD-ROMをパソコンにインストールしたところ、お客様の預貯金口座から身に覚えのない他人口座への振込(引出し)がなされる事件が、一部の金融機関で発生しています。
  • JAバンクでは、CD-ROM等の記録メディアでお客様にソフトウェアをお送りすることは行っておりません。万が一、不審な記録メディアが届いた場合は、パソコンに挿入しないようにしましょう。

↑ページの先頭に戻る

JAネットバンクのご利用場所にご注意ください

  • インターネットカフェなど、お客様以外の方も使用するパソコンは、「スパイウェア」など悪意のあるソフトウェアが含まれている場合もあります。ID・パスワードが他人に知られる恐れがありますので、不特定多数の方が利用するパソコンからJAネットバンクをご利用することはお控えください。
  • 無線LANのセキュリティ機能を設定しないと、通信が傍受されたり、ネットワークに侵入されたりする可能性があります。無線LANのセキュリティ機能を設定し、信頼できない公衆無線LANからJAネットバンクをご利用することはお控えください。

↑ページの先頭に戻る

JAネットバンクのセキュリティ対策

お客様に安心してご利用いただくため、JAバンクではJAネットバンクのセキュリティ対策に取り組んでいます。

暗号化技術(SSL128bit)の採用

  • お客様の大切なお取引データを保護するため、高度な暗号化技術(SSL128bit)を採用しています。
  • SSL128bitは、米国ネットスケープ社が開発した暗号化技術で、2の128乗通りの組み合わせで構成されています。

ID・パスワード

  • お客様の本人確認を厳格にするため、1つのログインIDと、2つのパスワード(ログインパスワード、確認用パスワード)をご利用いただいております。
  • 他人の不正使用を防止するため、パスワードを連続して一定回数以上間違えると、一定時間サービスをご利用できないようにさせていただいております(この状態をロックアウトといいます)。
  • さらに、ロックアウトが一定回数発生すると、サービスを停止させていただいております。
  • パスワードの定期的な変更のため、90日間変更がない場合、変更をお勧めするためのパスワード変更画面を表示します。

ソフトウェアキーボード

  • パスワード(ログインパスワード、確認用パスワード)を入力する際、「ソフトウェアキーボード」の使用を標準化します。
  • 「ソフトウェアキーボード」とは、画面上に表示されたボタンをマウスでクリックして入力する機能です。キーロガー(キーボードからの入力情報を盗み取る)タイプのスパイウェアに対して有効な対策です。

ログイン履歴の表示

  • ログイン後、最近3回のログイン状況を表示しますので、身に覚えのないログインがないか、確認することができます。
  • 万が一、身に覚えのないログイン日時が表示されている場合は、不正使用されている可能性がありますので、JAネットバンクのお問い合わせ先、またはお取引先店舗にご連絡ください。

お取引履歴の保存

  • 「入出金明細照会」により、前々月まで(最大3か月間)の入出金明細を確認できます。
  • 振込・振替の結果は、「振込・振替のご依頼内容照会・取消」でも確認できます。

取引受付通知メールの送信

  • お取引のつど、あらかじめご登録いただいたメールアドレスへ「取引受付通知メール」をお送りしております。身に覚えのないお取引にいち早く気付くことができます。
  • メールアドレスを登録されていない方は、登録をお勧めします。
  • メールアドレスは、「お客様登録情報変更」(携帯電話の場合は「メールアドレス変更」)からいつでも変更できます。

1日あたり振込・振替限度額の設定

  • 500万円までの範囲内で、JAネットバンクからの1日あたり振込・振替限度額を設定できます。これにより、万が一、他人に不正使用された場合の被害を抑えることができます。
  • お客様のご利用額に合わせて、1日あたり振込・振替限度額を設定することをお勧めします。
  • 1日あたり振込・振替限度額は、「振込・振替限度額変更」から変更することができます。

インターネットバンキングロック(IBロック)

  • 普段はパソコンからJAネットバンクを利用できないようにロックをかけておき、利用する時にはそのつど携帯電話からロックを解除する機能(IBロック)を備えています。
  • JAネットバンクの開始登録をした携帯電話以外ではロックを解除できないため、万が一、パスワードが盗取されたとしても不正利用を抑えることができます。
  • お客様が携帯電話から利用登録することで、IBロックはご利用可能となります。

ワンタイムパスワードについて

JAネットバンクをより安全にご利用いただくため、ネットバンクへのログインの際に通常のログインID、ログインパスワードに加えて1分ごとに更新される使い捨てパスワードを入力することによりお取引が可能となる機能です。

携帯電話のアプリケーションを利用して配信する、ワンタイムパスワードは1分間ごとに変化するため非常に高いセキュリティを確保することができます。ログインID・パスワード等を不正に取得するフィッシング・スパイウェアに対して有効な対策です。

「リスクベース認証(追加認証)」について

お客様の利用環境(利用されているパソコンやネットワークなど)を総合的に分析し、普段と利用環境が異なり、お客さまご本人かを確認する必要があると判断された場合に、あらかじめお客さまに設定していただいた「一問一答の合言葉」の入力をすることで追加の認証を行う機能です。

初めてJAバンクをご利用される方へ

ページの先頭に戻る

Copyright © JA KANAGAWAKEN SHINREN ALL RIGHTS RESERVED.