HOME > お知らせ > キャッシュカードが偽造され、貯金が引出される被害が拡大しています

キャッシュカードが偽造され、貯金が引出される被害が拡大しています

  • 「スキミング」(キャッシュカードに記録されているデータを不正に読み取り、コピーすること)によって偽造カードを作成し、それによって預貯金などが引出されたと思われる事件が、全国的に拡大しています。このような被害に遭わないために、キャッシュカードの管理には十分ご注意ください。
  • キャッシュカードの存在を常に確認しましょう。
  • キャッシュカードを入れた財布などを、長時間手元から離さないようにしてください。
  • キャッシュカードを他人に貸与しないようにしてください。
  • 空き巣や車上荒らしの被害に遭った際は、キャッシュカードが盗まれていなくても、カードデータがコピーされている可能性があります。空き巣や車上荒らしに遭った場合には、お取引JAにご相談ください。

キャッシュカード盗難による被害

キャッシュカードを盗難され、暗証番号を何らかの不正な方法で入手されたことにより、預貯金を引出されてしまうというものです。

キャッシュカード偽造による被害

「スキミング」等、何らかの不正な方法でキャッシュカードの情報を入手してカードを偽造し、暗証番号を何らかの不正な方法で入手されたことにより、預貯金を引出されてしまうというものです。
真正なキャッシュカードはお客様の手元にあるというケースが大半です。

JAネットバンク

JAねっとバンクログイン

法人JAねっとバンクログイン

JAネットローン

初めてJAバンクをご利用される方へ

ページの先頭に戻る

Copyright © JA KANAGAWAKEN SHINREN ALL RIGHTS RESERVED.